FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遠藤和博としつけ用リード

犬のしつけでは、ほめることは非常に重要で、しつけが進めば進むほど、ワンちゃんはあなたにほめてもらいたくて、あなたの指示に喜んで従うようになりますし、逆にあなたに怒られないように、きめられた場所でトイレができるようになったり、吠えたりうなったり、マテを続けられずに餌を食べ始めるといったことがなくなります。


なので、どんどんほめてあげることは犬のしつけでは決して欠かせないポイントにはなるものの、間違ってはいけないのは、ほめるタイミングを間違ってはいけない移転です。


ほめ方を間違えると、ワンちゃんに取っては「何をしても褒められる」という誤った価値観を植え付けることになり、それがエスカレートすると、「自分は何をやっても許されるんだ。」と誤った価値観に変貌してしまう恐れがあります。


そのため、おやつでしつけを始めるにしても、使用量は最小限にすべきですし、ある程度の犬のしつけが進んだと思ったら、できるだけ早い段階で使用をやめるべきです。


こういったさじ加減は素人の感覚では難しいものがありますが、遠藤和博の犬のしつけdvdでは、具体的にどんな風に進めていけばよいのか?というのを教えてくれますよ。

スポンサーサイト

テーマ : チワワ生活
ジャンル : ペット

ドックトレーナー 遠藤和博の本はあるの?

犬のしつけでありがちな失敗例は、人間の子供を諭すような感じで犬に接してしまうことがあります。


そもそも人間の言葉で語りかけたところで、犬にわかるはずなく、口でいくらほめたって、犬が理解できるわけがありません。


ほめたり叱ったりするにしても「犬に伝わる方法」でやる必要があり、その方法に基づいた行動をとらなければ、

犬にしてみれば「こいつは何をしているんだ。。。。。?」という疑問を感じるだけで、しまいには、あなたへの不信感・不安感を募らせることになります。


遠藤和博犬のしつけdvdでは、正しいしかり方・ほめ方というのも紹介されていて、

最初のうちこそは、犬のやる気を引き出すために、おもちゃやおやつを使うことがあるものの、そういった道具を名が続けることはありません。


ワンちゃんの様子を見て、速めに道具を使うのはやめて、あなた自身に向き合うようにワンちゃんをうまく誘導していけるのが遠藤和博さんのテクニックのすごい所です。


小学生くらいの子供だと、リードを引っ張りまわされてまともに散歩をできなかったようなワンちゃんでも、

リードを無理に引っ張って自分のいきたい方向へと駆け回ることなく、あなたの横をぴったり寄り添うように歩けるようにだってなります。

テーマ : マルチーズLOVE
ジャンル : ペット

最新記事
カテゴリ
tag

犬のしつけ 遠藤和博 ドッグトレーナー ダックスフント チワワ ドックトレーナー マルチーズ トイプードル ポメラニアン dvd 問題行動 

フリーエリア
FX会社TOP10
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。